絶対に外せない!デトランスαは使い方次第で結果が大きく変わる!

デンマーク産の強力制汗デオドラント「デトランスα」。

私も実際に使ってみたんですが、その効果は本当にすごいです。

毎日塗る必要もなく、1回塗れば数日効果が持続し、しかもその間汗を全くかかないんです!

そんなデトランスαなんですが、一部の口コミでは

  • 効果がなかった
  • 痒みが出た

こういった声が実はあったんですね。

私自身デトランスαの効果には満足していたので、こういった悪い口コミがどうしても気になっていたんですね。

そこで口コミについてよく調べてみると、どうやらデトランスαの使い方に問題があったようです。

デトランスαの使い方次第では効果がなかったり、痒みが出るのも当然なのかもしれません。

ということで、正しい使い方や間違った使い方を紹介していきますので、ぜひデトランスαの効果を発揮できるようにしてくださいね♪

 

正しい使い方から紹介します!

まずはデトランスαの正しい使い方をマスターしましょう!

具体的な使い方は公式サイトでも紹介されています。

基本的には夜にデトランスαを塗るようにします。

シャワーを浴びて脇をキレイに洗い流してからデトランスαを塗るようにしましょう!

その後ですがしっかりと乾かしてからパジャマを着てくださいね。

乾かさないでパジャマを着てしまうと、パジャマにデトランスαが付いてしまって色落ちしてしまう可能性もあります。

もし早く乾かしたいならドライヤーの冷風で乾かすといいでしょう。

温風だと肌に刺激を与えるので、冷風がおすすめです。

そして最後に翌朝拭きとれば完了です。

濡れタオルなどを使ってデトランスαを拭きとるようにしてくださいね。これでべたつきを抑えられます。

ちなみにシャワーで洗い流してもOKですよ♪

 

次に間違った使い方も紹介します!!

次にデトランスαの間違った使い方についても紹介しておきます。

と言いますか、この間違った使い方の方が重要かもしれませんね。

間違った使い方をすることで、効果が感じられなかったり、痒みが出てしまいますので…

 

効果が実感できなくなる間違った使い方

まず最初に効果を実感できなくなる使い方を紹介します。それは「毎日塗り続ける」というものです。

もちろん最初は毎日使い続ける必要があるんですが、デトランスαは次第に2~3日おきに使うようにしていく必要があります。

そうしないと耐性ができてしまうからなんですね。

もし毎日使い続けていて「最近効果がないな…」というのであれば、耐性ができてしまっている可能性があります。

毎日ではなく2~3日おきに使うようにしてみましょう!

2~3日おきでも十分効果は実感できますので。

 

痒みが出てしまう間違った使い方

次に痒みが出てしまう使い方について紹介します。こっちの方が注意したい内容ですね。

以下のような使い方は痒みの原因になりやすいです。

  • とにかくたくさん塗る
  • 脇全体に塗る
  • 1日に何回も塗る
  • 毎日塗る

共通して言えることは、とにかくたくさんの量を塗っているということですね。

ですがデトランスαではそんなに量をたくさん塗らなくても十分効果を発揮してくれます。

私も実は最初のうちは量をたくさん塗っていました。

これはやはり最初のうちは不安なんですよね。これで本当に塗れているのかと。

でも使っていくうちに分かったんですが、デトランスαは少量でも本当に効果を発揮してくれます。

だからそんなたくさん塗りたくる必要はなかったということなんですね。

それにこれも分かったことなんですが、たくさん塗ると痒みが出やすくなります。

なので必要以上にデトランスαは塗らないようにしましょう。

その方が痒みも抑えられますし、それに使用回数も少なくなってコスパが良くなりますからね。

ということでデトランスαの使い方をマスターして、痒みもなく効果を実感してみてくださいね!

■こちらの記事もおすすめ